電気自動車EVまとめ 2021/08/21 リーフの良いところはメンテナンスが楽、というかほぼなにもしないで済む

EV

こんにちは、アキソンです。

 

日産自動車の公式YouTubeチャンネルで、

#ぶっちゃけどうなの? 日産リーフという

番組が公開されたそうな。

 

リーフオーナーとしてぶっちゃけると

良いところ

・運転が楽しい

・振動が無い

・メンテナンスが楽

・家で充電できるのでガソリンスタンドに行かない

・税金が優遇される

ダメなところ

・価格が高い

・バッテリーが重いので車が重くなる

・充電が面倒くさい

・電欠する

・1000km走れない

禁句ゼロ!? オーナーの本音100% #ぶっちゃけどうなの?日産リーフ - 自動車情報誌「ベストカー」
 2021年7月24日に日産自動車の公式YouTubeチャンネルで、生配信の番組が公開された。番組名は「#ぶっちゃけどうなの? 日産リーフ」というもの。  リーフオーナーを集めて、電気自動車日産リーフを使っての感想をぶっちゃけてもらうという…

 

 

昼・夜間は割安のEV充電サービス。発電状況で価格変動 出光と日産
出光興産は、日産自動車および出光興産子会社のソーラーフロンティアとともに、独自のダイナミックプライシングを活用したEV充電サービスの実証事業を開始する。期間は11月から2022年1月。需要・供給等の状況に合わせて変動する価格体系でEV充電サービスを提供する。

 

 

すでにタイカン超え!? テスラ モデルS「プレイド」が世界最速EVセダンになる! | clicccar.com
■21インチ大径ホイールに粘着性のあるミシュランタイヤ装備 米テスラは6月、「モデルS」の高性能ブランド「Plaid」(プレイド)発売イベントをおこないましたが、最新プロトタイプがニュルブルクリンクへ向かう姿が目撃されました。

 

 

大人のミニカー「ネクストクルーザーEV」新型モデルを発表 ワイルドスタイルなミニカー
大人のミニカー「ネクストクルーザーEV」新型モデルを発表 ワイルドスタイルなミニカー グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん!

 

 

ベントレー初のPHVは ベンテイガ、改良新型が登場…モントレー・カーウィーク2021 | レスポンス(Response.jp)
◆3.0リットルV6ツインターボにモーターの組み合わせ ◆EVモードの航続は最大40km ◆リアのデザインを大幅に変更 ◆新設計の10.9インチデジタルディスプレイ

 

 

英企業や大学、EV用の全固体電池開発でコンソーシアム設立
電池材料メーカーのジョンソン・マッセイやオックスフォード大学など英国の7機関は19日、電気自動車(EV)用の「全固体電池」の開発に向け、連合(コンソーシアム)を設立したと発表した。

 

 

ダイハツが電動車両の特許を申請!ピュアEV軽バン登場が近い? | MOBY [モビー]
ダイハツが申請した電動車両の特許が2021年8月10日に公開!特許から読みとける次期モデルのヒントを完結に要約して解説していきます。トヨタ・スズキと共同開発のEV商用車である可能性も。

 

 

ドイツポストDHL、環境投資9000億円 車両の6割EVに
ドイツポストDHLが環境分野に約9000億円を投じ、2030年までに車両の6割を電気自動車(EV)にするなど排ガス削減を急ぐ。ネット通販需要が拡大するなか、配送に使うEVについて自社生産から外部調達に切り替え、環境対策と成長を両立させる。20年時点でEVは約1万5000台あり、30年までに8万台にする。車両のEV比率は...

 

 

スマートドライブ、マレーシアでEV充電設備の最適化を支援するシステムを開発実証 | レスポンス(Response.jp)
スマートドライブは8月18日、マレーシア・セランゴール州で電気自動車(EV)普及を支援する「EVモビリティデータプラットフォーム」の開発を実証すると発表した。

 

 

ジェネシス新EVの内装 | 聯合ニュース
韓国自動車大手、現代自動車の高級ブランド「ジェネシス」が19日、電気自動車(EV)「GV60」のイメージを公開した。現代自動車グループのEV専用プラットフォーム(車台)を採用したモ...

 

 

禁句ゼロ!? オーナーの本音100% #ぶっちゃけどうなの?日産リーフ - 自動車情報誌「ベストカー」
 2021年7月24日に日産自動車の公式YouTubeチャンネルで、生配信の番組が公開された。番組名は「#ぶっちゃけどうなの? 日産リーフ」というもの。  リーフオーナーを集めて、電気自動車日産リーフを使っての感想をぶっちゃけてもらうという…

 

 

デロイト トーマツ調査、カーボンニュートラルに向けたEVの普及にはランニングコスト・乗り味の理解促進がカギ | デロイト トーマツ グループ
デロイト トーマツ調査、カーボンニュートラルに向けたEVの普及にはランニングコスト・乗り味の理解促進がカギ 2021年版、次世代自動車に関する消費者意識調査結果。EVの車両価格・コスト面、インフラ面、車種・機能面に対する購入意向別の課題が浮き彫りに

 

 

デロイト トーマツ調査、カーボンニュートラルに向けたEVの普及にはランニングコスト・乗り味の理解促進がカギ
デロイト トーマツ調査、カーボンニュートラルに向けたEVの普及にはランニングコスト・乗り味の理解促進がカギ

 

 

中国新興EVメーカーの特許戦略、各社で違い
【8月19日 Xinhua News】特許の検索・分析を手掛けるシンガポールのパットスナップによると、中国の新興電気自動車(EV)メーカー理想汽車と関連会社が保有する公開済み特許は1500件以上、有効な特許数は千件を超える。

 

 

【スポーツ・モードに感じる魅力】フォルクスワーゲンID.5 GTX 試作車へ試乗 生産は2022年(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   フォルクスワーゲンの純EV攻勢は勢いを増している。先日試乗したID.4の高

 

 

EVの普及を目指すバイデン政権と、進まない充電スタンドの設置という現実
米国では2030年までに新車販売の4割を電気自動車(EV)にする方針が打ち出されたが、クルマを運転する人たちは万が一のバッテリー切れに不安を感じている。そこで米国政府は充電スタンドの整備に多額の資金を投じようとしているが、ひと筋縄ではいかないようだ。

 

 

【航続距離780km!】メルセデス・ベンツの最高峰EV「EQS」に乗ってわかった、驚愕の内容とは!?(driver@web)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
電動化、そしてBEV(電気自動車)を積極的に展開しているメルセデス・ベンツ。ついにフラッグシップBEVのEQSが本国でアンベールされ、欧州で試乗の機会が設けられた。ドイツ車に精通する、元ドイツ在住の国際モータージャーナリスト竹花寿実が、スイ...(ヘッドライン)

 

 

NSX 後継モデルは「ホンダe」ベースのEVスポーツカー!? 2023年登場の噂 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは、ハイブリッド・スーパースポーツカー『NSX』を2022年12月に販売終了とすることを発表。最終モデルとなる「タイプS」を公開したばかりだが、早くもその後継モデルの噂が聞こえてきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました