電気自動車EVまとめ 2021/08/17 韓国では電気自動車が出火し全焼したそうです。

EV

韓国では電気自動車が出火し全焼したそうです。

韓国製バッテリーは信頼性が足りないようで・・・

ドライバーは異変に気付いて路肩に止めて

すぐに避難したそうで助かって良かったです。

 

 

極端なEV推しはナンセンス? 実は最新ハイブリッドがEVよりエコな実態と理由(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 現段階ではハイブリッド車のほうがバッテリーEV(電気自動車)より効率的?  脱炭素が叫ばれ、欧州を中心に、ハイブリッドまで含んだエンジン車廃絶の動きが強まりつつある。無論、EVが環境にやさしいエ

 

 

企業のEV導入を後押し 中国電力などが支援サービス(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 中国電力は16日、住友三井オートサービスなど4社と提携し、10月から主に中国地方の法人向けに、電気自動車(EV)の導入支援やEVのシェアリングのサービスを始めると発表した。EVを普及させることで脱

 

 

【記者手帳】出火・加速不良の現代自動車EV、革新よりも重要なのは品質(朝鮮日報日本語版) - Yahoo!ニュース
 現代自動車が最近、燃料電池車「ネクソ」の欠陥を認めた。燃料電池車のエンジンに等しいスタックとその関連部品に異常が生じ、走行中に異音がして、加速ができない問題が発生したのだ。現代自は欠陥の事実を確認

 

 

EV化で見え始めた欧米の異なる思惑、日本の競争力を脅かす「LCA」とは
EUと米国で自動車電動化政策に「ある違い」が出た。EUではガソリン車に加えてハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)とも禁止。一方、米国はPHVと燃料電池車(FCV)も許した「良いとこ取り」な方針だ。他方、工業製品評価に「ライフサイクルアセスメント」(LCA)が強化されると、火力発電中心の日本経済にと...

 

 

~クオンタムソリューションズ株式会社~EV事業を核とした事業展開を考えた理由及び中国でのEV開発プランについて
クオンタムソリューションズ株式会社のプレスリリース(2021年8月16日 18時00分)~クオンタムソリューションズ株式会社~EV事業を核とした事業展開を考えた理由及び中国でのEV開発プランについて

 

 

シボレー初のEVピックアップトラック、4輪ステアリング採用…2021年内に発表へ | レスポンス(Response.jp)
シボレーは、2021年内に主力ピックアップトラックの『シルバラード』(Chevrolet Silverado)に設定する予定のEVに、新技術を搭載する。8月11日、シボレーが発表した。

 

 

中国電、EV導入・シェアサービス(時事通信) - Yahoo!ニュース
 中国電力 は16日、住友三井オートサービス(東京都新宿区)など4社と業務提携契約の締結で合意し、電気自動車(EV)の導入サポート・シェアリングサービスを10月から開始すると発表した。

 

 

Foxconn、米国とタイにEV工場建設へ--2023年に稼働(CNET Japan) - Yahoo!ニュース
 Appleの「iPhone」製造で最も知られている鴻海科技集団(Foxconn)が電気自動車(EV)の製造に向けて米国の生産拠点に目を付けているのは知られていたが、同社は投資家に向けた決算発表の電

 

 

極端なEV推しはナンセンス? 実は最新ハイブリッドがEVよりエコな実態と理由 - 自動車情報誌「ベストカー」
極端なEV推しはナンセンス? 実は最新ハイブリッドがEVよりエコな実態と理由 脱炭素が叫ばれ、欧州を中心に、ハイブリッドまで含んだエンジン車廃絶の動きが強まりつつある。現段階でのハイブリッド車とEVの環境負荷はどのくらい差があるのか?実はハイブリッドが有利なのか?解説する

 

 

「運転席側から焦げるにおいが」…ルノーサムスンEVが韓国高速道路で炎上(朝鮮日報日本語版) - Yahoo!ニュース
 韓国で高速道路を走っていた電気自動車から火が出て車が全焼した。  15日午後6時ごろ、全羅北道茂朱郡内の大田-統営間高速道路で、鎮安方面に走っていたルノーサムスン製電気自動車「SM3 Z.E.」

 

 

小型EVやアプリで導くスマート交通戦略が、バンコクの渋滞を解消し市民のQOLまで向上!?
<慢性的な交通渋滞に悩まされているタイの首都バンコク。IT技術の活用で仕事や生活...

 

 

Foxconn、米国とタイにEV工場建設へ--2023年に稼働
Foxxconnが電気自動車(EV)の製造に向けて米国の生産拠点に目を付けているのは知られていたが、同社は決算発表の電話会見で、2023年に米国で生産施設の操業を開始したいと認めた

 

 

山形・サニックス、9月にEVトラックの走行試験
自動車整備業のサニックス(山形市)は、山形大学の支援を受けて開発している電気自動車(EV)トラックの走行試験を9月6日に実施する。第一貨物(山形市)流通技能専門校(山形県天童市)敷地内で行う。その後、車検を取得し、公道での実証試験に移行する。トラックなど大型商用車はEV化の動きが鈍い。総走行距離が乗用車の数倍で、対応で...

 

 

中国電、企業のEV導入をサポート 共同使用など提案
中国電力は16日、企業が社用車として電気自動車(EV)を導入しやすくする新たなサービス「eeV(イーブイ)」を10月に始めると発表した。他の会社との共同使用などを提案し、購入に比べて月々の支払いを安く抑えられるようにする。脱炭素の流れを受けてEVを導入したい企業が増えているとみて、商機があると判断した。自動車リース大手...

 

 

EVソリューションサービス 「eeV」 に関する業務提携について
REXEVのプレスリリース(2021年8月16日 14時10分)EVソリューションサービス に関する業務提携について

 

 

BMWブランド初のピュアEVのSUV、『iX3』に改良新型…今秋欧州発売へ | レスポンス(Response.jp)
◆改良新型X3に準じた新しいエクステリア ◆12.3インチのインストルメントクラスターを新採用 ◆第5世代のBMW「eDrive」 ◆モーターは最大出力286hp ◆1回の充電での航続は最大460km

 

 

【単独インタビュー】ポンタス・ヘグストロム氏に聞くFCAとPSAの近未来(後編:新型車とEVはどうなる)(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 個性的なブランドを擁するステランティスだが、ジープやプジョー、シトロエンなど、日本における販売は好調である。そこで気になるのは、今後どのような新型車が日本に導入されるのかであろう。自身もカーガイと

コメント

タイトルとURLをコピーしました