電気自動車EVまとめ 2021/08/16

EV
ベンツが2030年にEVメーカーへ、その真意とは | 電動化
メルセデス・ベンツを製造するドイツのダイムラー社が2030年までに新車販売を電気自動車(EV)のみにするとした。もちろん市場動向は流動的であり、また市場を決めるのは消費者だから、消費者の意向に沿わない状況…

 

 

MINIのEVに“ストリップ”、ポール・スミスと共同開発…素材むき出し | レスポンス(Response.jp)
◆車体は塗装なしで工場での研削痕を意図的に残す ◆ダッシュボードやリアシェルフ以外のトリムパーツを取り除く ◆内蔵エアバッグが見えるステアリングホイール

 

 

EV普及期入り、車載電池の争奪戦が世界で過熱 欧米各社が安定調達に布石|経済|セレクト記事|京都新聞
各国の環境規制強化を背景に電気自動車(EV)が普及期に入り、車載電池の争奪戦が世界で過熱している。電池はEVの価格や航続距離など商品の競争…

 

 

ホイールベースが変化する! アウディ「スカイスフィア」は未来のEVロードスター | VAGUE(ヴァーグ)
「ホルヒ853ロードスター」をオマージュする「アウディ スカイスフィア」が、「モントレー カーウィーク」でお披露目される。古典的なプロポーションの下に隠された、革新的な技術の数々を紹介しよう。

 

 

VW初のフル電動SUVクーペ、『ID.5 GTX』…IAAモビリティ2021で発表へ(レスポンス) - Yahoo!ニュース
フォルクスワーゲンは、9月にドイツで開催される「IAAモビリティ2021」において、『ID.5 GTX』(Volkswagen ID.5 GTX)のプロトタイプを初公開する。8月6日、フォルクスワー

 

 

メルセデス・ベンツが2030年にEVメーカーへ、その真意とは?EVシフトを加速する欧州とHVの選択肢を残す日本 - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
 メルセデス・ベンツを製造するドイツのダイムラー社が2030年までに新車販売を電気自動車(EV)のみにするとした。もちろ...

 

 

メルセデス「全車EV化宣言」の理由 躊躇する日米メーカーに先行 シフト加速を支える複数計画|au Webポータル
au Webポータル

 

 

EV充電網整備、政府系機関と業界団体が協力 マレーシア・自動車・二輪車
マレーシア貿易産業省傘下のマレーシア自動車・ロボティクス・IoT研究所(MARii)とマレー人車両輸入業協会(PEKEMA)は、電気自動車(EV)のインフラ整備の加速に向けて協力することで合意した。20…

 

 

【新型コロナ】神奈川・平塚市、ワクチン接種会場電源に電気自動車活用 冷房使用に(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース
 新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、平塚市は三菱自動車から電気自動車(EV)2台を無償貸与してもらい、接種会場の電源として活用している。接種会場で冷房器具を使用する際に役立てられている。

 

 

【単独インタビュー】ポンタス・ヘグストロム氏に聞くFCAとPSAの近未来(後編:新型車とEVはどうなる) | VAGUE(ヴァーグ)
FCAジャパン代表取締役社長であるポンタス・ヘグストロム氏が、グループPSAジャパンの代表取締役社長も兼務することになって1か月以上が経った。FCA、PSAともに日本での販売は好調をキープしているが、今後どのような新型車がリリースされ、そしてステランティスのEV化について質問してみることにした。

 

 

ホイールベースが変化する! アウディ「スカイスフィア」は未来のEVロードスター(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■ロングノーズ ショートデッキという古典的プロポーションに秘められた革新技術 米国カリフォルニア州モントレーとその周辺で開催されるカーイベント、「モントレー カーウィーク」において、アウディがコンセプトモデル「アウディ スカイスフィア」を公...

 

 

「車は家電になる」 ヤマダ電機出身の創業者が描く未来:朝日新聞デジタル
 自前の工場を持たない「ファブレス」のベンチャー企業が、日本の自動車産業を揺さぶるかもしれない。「ASF」(東京)が手がける佐川急便の配達車両向け電気自動車(EV)は、製造を中国企業が担う。「車は家電…

 

 

MINIのEVに“ストリップ”、ポール・スミスと共同開発…素材むき出し(レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
MINIは8月12日、ポール・スミスとのコラボレーションで開発したワンオフモデル、MINI 『STRIP』を英国ロンドンでワールドプレミアした。MINI STRIPは、自動車製造における持続可能性というテーマへの革新的なアプローチに主眼を置...

 

 

波乱のコモディティー市場、家計にも影響 (写真=AP)
コモディティー(商品)市場で波乱が続いています。脱炭素の流れが進み、電気自動車(EV)や再生可能エネルギー向けに銅やアルミなどの価格が高騰。二酸化炭素(CO2)の排出が石油や石炭に比べて少ない天然ガスの利用も増え、相場が上昇しています。異常気象の頻発で穀物相場が急騰し、食品高が人々の生活に影響しています。最近の商品市場...

 

 

完全EV化に待った! 水素エンジンの可能性をトヨタがレースで証明!【EDGE MOTORSPORTS】(カーセンサー)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
今回は、EVとはまた違った角度で環境対策へ望むトヨタと水素エンジン車について解説したい。 期待が高まる、エグゾーストノイズを楽しめる水素エンジン車トヨタは、5月21日から23日に富士スピードウェイで行われたスーパー耐久シリーズ2021 第3...(ヘッドライン)

 

 

米テスラのマスクCEO、20年の報酬総額ゼロ
米電気自動車(EV)大手テスラは13日、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の2020年の報酬総額がゼロだったと発表した。19年は2万3760ドルだった。

 

 

軽クロスオーバーSUVでの600kmが1位に…「試乗記」ランキング 2021年上半期 | レスポンス(Response.jp)
SUV市場が盛り上がりを見せている中、2020年6月に発売されたダイハツの軽クロスオーバーSUV『タフト』。その600kmツーリングの様子が2021年上半期、注目の試乗記ランキング1位となりました。ランキング上位にはSUVと軽自動車・コンパクトカーが多く見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました