電気自動車EVまとめ 2021/08/04 マックス・フェルスタッペン 「電気自動車を所有するつもりはない」

EV

こんにちは、アキソンです。

 

F1マシンのサウンドはいいですよね!

電気自動車は静かなので気持ちはわかります。

マックス・フェルスタッペンは電気自動車を

否定するというより音が無いので寂しい思うのですが。

確かにレーシングエンジンの音は格別と思います。

Formula-eのマシンは電気といえども独特なサインドですが。

 

レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1の政治的な活動には無関心だ。電気自動車の購入と運転のトレンドに飛び乗ることはないと語る。

「電気自動車には音がない」とマックス・フェルスタッペンは日曜日のF1ハンガリーGPの前にBild am Sonntag に語った。

出典:F1-Gate.com

 

レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「電気自動車を所有するつもりはない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1の政治的な活動には無関心だ。電気自動車の購入と運転のトレンドに飛び乗ることはないと語る。「電気自動車には音がない」とマックス・フェルスタッペンは日曜日のF1ハンガリーGPの前にBild am Sonntag に語った。電気自動車をガレージに追加するつもりはあるか...

 

EV基幹装置、主導権争い 業界勢力図一変も
自動車メーカーが電気自動車(EV)の心臓部の動力装置を部品会社から一括調達する動きが出てきた。動力装置は産業ピラミッドの頂点に立つ車メーカーが自ら開発・製造するというエンジン車時代の枠組みが崩れ、EV部品にシフトする既存の部品大手や新規参入企業の商機が膨らむ。EVが世界で普及期に入るなか、基幹部品を軸に業界の勢力図が変...

 

現代自動車がインドネシアでEV向け電池セル生産へ(インドネシア、韓国) | ビジネス短信

 

ミシュラン、高性能EV向けスポーツタイヤ発売…フォーミュラEで培った技術を応用 | レスポンス(Response.jp)
日本ミシュランタイヤは、「ミシュラン パイロット」シリーズに高性能EV・ハイブリッド車向けのスポーツタイヤ「ミシュラン パイロットスポーツEV」を追加し、9月より順次発売する。サイズは19インチから21インチまでの計5サイズで、価格はオープン。

 

マンションで充電は難しいのに、「EV」は普及するのか
EUがガソリン車の新車販売を2035年までに禁止する方針を打ち出したことで、各社はEVシフトの前倒しを進めている。充電設備の不足が懸念されている日本で、EVは普及するのだろうか。マンションで充電することは難しいのに……。

 

韓国で今年一番売れてるEV、テスラではなく現代「ポーターEV」(朝鮮日報日本語版) - Yahoo!ニュース
 今年上半期に韓国で最も多く売れた電気自動車は現代自動車の1トンEVトラック「ポーターEV」だった。販売台数は8554台。今年に入ってポーターEVの販売台数は昨年1位だったテスラのモデル3(6275

 

EV大国の中国で顕在化、次の環境問題は「廃棄EVバッテリー」
電気自動車(EV)は、ここ最近で大きく勢いづいている。ジョー・バイデン大統領や主流派メディアに言わせれば、EVは、温室効果ガス排出量削減と環境保護に絶対必要な要素だ。EVの購入は、以前から連邦政府や州の補助金によって奨励されてきた。バイデン

 

ローム、中国の自動車大手・吉利汽車と提携 EV車にパワー半導体供給(京都新聞) - Yahoo!ニュース
 ロームは、中国の自動車大手、吉利汽車と戦略的パートナーシップを締結した。電力損失が少ないシリコンカーバイド(SiC)を使ったパワー半導体を同社の電気自動車(EV)に供給する。ロームが完成車メーカー

 

最速EVセダン戦争勃発か!? テスラ モデルS「プラッド」、記録挑戦へニュル入り(レスポンス) - Yahoo!ニュース
テスラが6月に発表した『モデルS』の高性能グレード「プラッド」が、ニュルブルクリンクへと向かう姿をスクープサイト「Spyder7」が目撃。このプロトタイプ車両がねらうのは「4ドアEVセダン最速記録」

 

BMWのEVに初の「M」、544馬力の『i4 M50』…IAAモビリティ2021に出展へ | レスポンス(Response.jp)
◆前面空気抵抗を示すCd値は0.24 ◆0~100km/h加速は3.9秒 ◆新世代EV向けの走行サウンドを作曲家と共同開発

 

EV比率向上、道険しく
マツダの電気自動車(EV)戦略が足踏み状態となっている。同社初の量産型EV「MX-30」投入から約1年。国内外での販売は1万3400台を超えたが他車種と比べて売れ行きは芳しくない。ネックとなる航続距離の底上げを図ろうとするがEVとしてカウントできなくなるという誤算が発生。MX-30に見る「迷い」は「2030年にEV比率...

 

日産、茨城県のEV電池工場建設に約500億円投資へ-中国メーカーと
日産自動車と中国・遠景科技集団(エンビジョングループ)傘下の電池メーカー、エンビジョンAESCが共同で建設する電気自動車(EV)用の国内電池工場に計約500億円を投資する計画であることが分かった。

 

来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?
景気が悪くなると戦争をする、という言い伝えがあります。大恐慌と第二次世界大戦の関係といった例があるわけですが、それなりに意味するところは深い気がします。兵器産業を突破口に気持ちを切り替える、世の中の沈滞したムードを変えるといったさもありなんと思われる理由がつけ

 

なぜメルセデス・ベンツが10年後EV専業メーカーに!? 衝撃の中身と急速なEVシフトの理由とは
メルセデス・ベンツは2021年7月22日、「Mercedes-Benz prepares to go all-electric」という発表をおこないました。それによると、10年後の2031年に、すべてをEV(電気自動車)にする準備をおこなうという「EVシフト」を宣言しました。実際、そのようなことは可能なのでしょうか。そ...

 

アスクル、軽商用EVを7台導入 「ラストワンマイル」の配送車に
アスクル(東京都江東区)は7月30日、ラストワンマイルにおいて使用する配送車両として新たに三菱自動車工業製の軽商用電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」を7台導入したと発表した。併せて、物流センターへの再生可能エネルギーの導入を進め、本社・物流センター・子会社を含めたグループ全体における電力使用量の38%が再生可能エネルギー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました