電気自動車EVまとめ 2021/08/03 EV用電池で世界最大手のCATL、「ルーツ」は日本企業だった

EV

こんにちは、アキソンです。

CATLという中国の電池メーカー。

TDKという日本の会社が源流にあるそうです。

 

CATLはTDKの中国子会社が発祥

CATLを立ち上げた曾毓群会長と黄世霖副会長は、1999年に創業した家電用リチウムイオン電池メーカーである香港ATL(アンプレックステクノロジー)の出身。そのATLは、TDKの上釜健宏元会長が中国駐在していた時の部下たちが立ち上げたスタートアップ企業だった。その縁で2005年にTDKが約107億円でATLを買収、子会社化している。

出典:M&A Online

 

そんなCATLがナトリウムイオン電池(NIB)の

商用化を開始するとオンラインを発表しました。

急速充放電の性能が高いようなので注目しています。

やはり短時間でいっぱい充電出来たほうが良いでしょ。

今後の進化に期待ですね(‘ω’)

 

ナトリウムイオン二次電池(ナトリウムイオンにじでんち、sodium-ion rechargeable battery)とは、非水電解質二次電池の一種で、電解質中のナトリウムイオンが電気伝導を担う二次電池である。正極にナトリウム金属酸化物を用い、負極にグラファイトなどの炭素材を用いるものが想定されている。単にナトリウムイオン電池、ナトリウムイオンバッテリー、Na-ion電池ともいう。

出典:Wikipedia

 

EV用電池で世界最大手のCATL、「ルーツ」は日本企業だった - M&A Online - M&Aをもっと身近に。
電気自動車の基幹部品である車載電池でトップを独走する中国CATL。2011年12月に創業したリチウムイオン電池ベンチャーで、2017年にはパナソニックを追い抜き、車載電池市場で世界一となった。その技術の「源流」は日本企業にあるという。

 

CATL (Contemporary Amperex Technology Co., Ltd.)[寧徳時代新能源科技股份有限公司 (CATL)] - 自動車産業ポータル マークラインズ
MarkLinesは、プロモーション広告LINES、検索サイト 情報プラットフォーム、課題解決サービス エキスパートの3つのサービスを通じて、世界の自動車産業を支援する会社です。

 

▼CATL公式サイト▼

宁德时代·CATL
宁德时代新能源科技股份有限公司是全球领先的锂离子电池研发制造公司,公司专注于新能源汽车动力电池系统、储能系统的研发、生产和销售,致力于为全球新能源应用提供一流解决方案。

 

CATLがナトリウムイオン電池、EV向け電池をLIBとハイブリッドに
 世界最大の電池メーカーである中国CATL(Contemporary Amperex Technology Co Ltd、寧徳時代新能源科技)は2021年7月29日、中国時間の15:30(日本時間16:30)に、ナトリウムイオン電池(NIB)の商用化を開始するとオンラインで発表した。

 

伝説の自動車評論家「プジョーEV」の虜になった訳 | LEON
わが家にプジョーe208 (GTライン)が納車されたのは1月23日。ほぼ半年が経った。EVとの生活は初めてだが、半年の感想をシンプルに言えば「楽しい!」のひと言。僕だけでなく、家内も大の「お気に入り!」だ。EVは…

 

ABBが「EV用超急速充電器を英国の充電ネットワークに納入」のニュースに感じる「がんばれニッポン!」 | EVsmartブログ
電気自動車用充電器の世界的大手メーカーであるABBが、イギリスの充電ネットワーク『GRIDSERVE』に最大出力350kWの超急速充電器を大規模に納入する。

 

「Audi Q4 e-tron」は、EVを静かに浸透させるに十分な素質を備えている:試乗レヴュー
Audiが発表したコンパクト電動SUV「Audi Q4 e-tron」。EVを浸透させていく上で重要な戦略モデルと位置づけられているこのモデルを試乗してみたところ、乗り心地は快適で過度にスポーティではなく、EVがアーリーアダプターだけでのものではないことを実感させてくれる──。『WIRED』UK版による試乗レヴュー。

 

実績ほぼゼロの電池新興に技術者100人、EVシフトという勝機
欧州や米国、中国、そして国内でも急速に進む電気自動車(EV)シフト。キーデバイスの車載電池は爆発的な需要増加が見込まれる。開発競争が白熱する中、現段階で目立った実績がないにもかかわらず、電池関係の技術者を約100人も抱える謎のスタートアップ企業が横浜市にある。

 

メルセデス・ベンツEQS登場で見えてきたEVデザイン 【カーデザイン・インプレッション】
EQS 580 4MATIC キャビンの大きな全く新しいプロポーションで誕生したEQS。EVセダンのハイエンド…

 

欧州のEV比率、5カ国で1割超え 1~6月新車販売
【フランクフルト=深尾幸生】欧州新車販売で電動化の勢いが止まらない。欧州自動車工業会(ACEA)が発表した主要18カ国の2021年1~6月の新車販売に占める電気自動車(EV)のシェアは8.2%と、前年同期に比べ3.5ポイント上昇した。購入補助金などの優遇策に加え、各社が品ぞろえを増やしているためだ。シェア1割を超えた国...

 

加速度的にEVにシフトし始めた中国の自動車市場 メーカーはブランディングが大きなカギに | JBpress (ジェイビープレス)
今期の中国自動車市場の最大のトピックスは、新エネルギー車販売台数の急増でした。今年上半期だけで昨年1年間の販売台数(136.7万台)にほぼ匹敵する販売台数を記録しました。(1/4)

 

EV電池の中国CATL、納入先の自動車メーカーが競合に
2011年の創業からわずか6年で電気自動車(EV)向け電池のシェア世界一となった中国・寧徳時代新能源科技(CATL)。世界的な脱炭素の追い風を受けるとの評価から、時価総額は直近で20兆円を超えた。だが、EVに欠かせない電池は自動車メーカーの内製化などの動きもあり、積極的な設備投資がもくろみ通りの成長につながらない懸念も...

 

【WSJ】米国でEV充電スタンド建設ラッシュ、採算は?(十勝毎日新聞)
自動車メーカーが電気自動車(EV)に社運を賭ける一方で、米国の公益企業やスタートアップ企業は、全米でEV用急速充電ネットワークの構築を急ピッチで進めている。 米都市間の空白を埋めるのに必要な...

 

30分で80%充電も! ポルシェのEV「タイカンクロスツーリスモ」が日本初お披露目
ポルシェは29日、都内で同社電気自動車第二弾となる「タイカンクロスツーリスモ」(Porsche Taycan Cross Turismo)のジャパンプレミアを実施した。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました