電気自動車EV関連まとめ 2021/07/29 テスラ車って水没しないで走れるのか??? 動画あります。

EV

 

 

 

 

地面見えないけどこれ、浮いてるのかな?

浮いてるようにも見えるなこれ。

ガソリン車と違ってある程度の水没にも耐えられるのかな?

限度もあると思いますが・・・。

 

 

2025年にEV急拡大 中国テック企業が導く自動車革命(日経BizGate) - Yahoo!ニュース
 100年に1度の変革と言われる「自動車の電動化」の波が止まらない。特に新型コロナウイルスの感染封じ込めでいち早く立ち直った中国は、製造業強国に向け、自動車産業の振興を極めて重要ととらえる。CASE

 

メルセデスベンツ EQS に「AMGライン」、EVセダンにもスポーティ仕様…年内欧州発売へ | レスポンス(Response.jp)
◆スポーティな内外装を備えたAMGライン ◆AIが20以上の機能を自動的に提示 ◆「MBUXハイパースクリーン」は141cmのワイド画面

 

ベンツ「2030年完全EV化宣言」日本への影響は? | 電動化
もう、綺麗ごとでは済まされない。メルセデス・ベンツが「2030年完全EV化」の方針を発表したことよって、日本では“今後の身の振り方”に悩む人が一気に増えそうだ。なぜならば、これは“大いなるゲームチェンジャ…

 

新興EVメーカーNIO、ノルウェー向けにEV初輸出(中国) | ビジネス短信

 

超小型EV車の「シェアリングサービス」と「レンタカー」との違い(ニッポン放送) - Yahoo!ニュース
黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(7月21日放送)にOpen Street株式会社 執行役員 CTOの端島忍が出演。実証実験を開始した超小型EV車シェアについて語った。

 

テスラ初のEVトラック『セミ』、納車開始を2022年に変更…電池と半導体不足の影響 | レスポンス(Response.jp)
テスラ(Tesla)は7月26日、同社初のEVトラックの『セミ』の納車開始時期を、2021年内から2022年に変更すると発表した。

 

EV・コネクテッドカー分野の復興プロジェクトを閣議承認(EU、スペイン) | ビジネス短信

 

正確な劣化・寿命を個体別に検出できるEV用パワー半導体向け試験サービス
OKIエンジニアリングは、電気自動車(EV)用パワー半導体向け「劣化・寿命連続モニタリング試験サービス」の提供を開始した。高温逆バイアス試験と同社独自開発の全自動ログシステムを組み合わせることで、高精度な寿命予測とワイドギャップパワー半導体への対応も可能とした。

 

VWの「ミスターEV」が語る、打倒テスラへの自信
独フォルクスワーゲンは2021年1~6月期に、全世界で17万939台の電気自動車(EV)を販売した。同社は明確に米テスラをベンチマークとしており、次世代EVの開発を進めている。EV開発の陣頭指揮を執るVW乗用車ブランドのトーマス・ウルブリッヒ技術開発担当取締役に聞いた。

 

各国の規制強化を受けて『EV』シフトが一段と加速 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア
 各国政府が低炭素社会に向けて大きくかじを切る中、各国・地域の環境規制強化は加速する一方です。こうした政策当局の対応を背景に、国内外の自動車各社は取り組みの手法には違いがありますが、『EV』などへのシフトを加速しています。ただ今後も一段の…

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました