電気自動車EV関連 2021/07/15まとめ

EV

 

 

 

 

 

中川翔子、朝倉海を助手席にベンツ電気自動車で初ドライブ「めちゃくちゃ絵になる」と驚き(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース
 タレントの中川翔子が14日、自身のYouTubeチャンネル「中川翔子の『ヲ』」を更新。メルセデス・ベンツの最新電気自動車「EQA」を初運転する様子を公開した。助手席には、総合格闘家の朝倉海を迎えて

 

ボルボの次世代EV「コンセプト・リチャージ」が示す自動車電動化のあるべき姿|@DIME アットダイム
ボルボ、次世代の電気自動車「コンセプト・リチャージ」は未来の電動化に対するマニフェストボルボ・カーズにとって電動化とは、単にパワートレインの転換を意味するだけではない。カーデザインの新しいパラダ...

 

自動車メーカーのステランティス、EV化に向け、2025年までに355億ドルを投資(米国) | ビジネス短信

 

【図解】テスラは何がどうすごいのか、「自動車業界の破壊者」のビジネスを徹底分析(ビジネス+IT) - Yahoo!ニュース
 Tesla(テスラ)といえば、EV業界の王者や自動車業界のディスラプター(破壊者)として知られ、現CEOのイーロン・マスクの発言はあらゆる業界に影響をもたらすほどの存在感を発揮しています。しかし、

 

日本とは別次元?ステランティスが発表した怒涛のEV戦略の中身(JBpress) - Yahoo!ニュース
 (桃田 健史:自動車ジャーナリスト)  日本の自動車メーカーは、このままではEVシフトのグローバルな流れに乗り遅れてしまうのではないか? ──そんな不安を感じさせるような発表が海外であった。

 

フォルクスワーゲン グループが自動車開発の新戦略「NEW AUTO」を発表 【ニュース】 - webCG
独フォルクスワーゲン グループは2021年7月13日(現地時間)、オンラインでの発表会を開催し、自動車開発の新戦略「NEW AUTO」について説明した。今後は電気自動車事業への転換を加速させ、ソフトウエア開発にも注力するという。

 

日産が「背水の勝負」、電動化で試される存在価値 | 経営
10日間で予約受注4000台――。6月中旬、日産自動車で電動化を担当する平井俊弘専務執行役員の元に、これ以上ない吉報が届いた。驚きの声を上げる役員もいた。日産が今冬に投入する10年ぶりの新型電気自動車(EV)…

 

モーターファン・イラストレーテッド(MFi) vol.178は、「よくわかるバッテリー」特集:時事ドットコム
[三栄]電動車の性能を左右するキーデバイス、バッテリーを理解する“テクノロジーがわかると、クルマはもっと面白い”をキーワードに、図版、写真、透視図を使って自動車技術をわかりやすく解説する月刊誌「モーターファン・イラストレーテッド」(株式会社三栄 本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:星野邦久)。2021年7月15日...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました