電気自動車EV関連 2021/07/11まとめ

EV


https://blog.evsmart.net/ev-news/2021-july-electric-vehicle-news-digest/

 

コロナで変わった? リセールバリューとEVの動向…Yahoo!検索のビッグデータ | レスポンス(Response.jp)
新型コロナウイルス感染症の流行によって、人々のライフスタイルが変わってきた。ヤフーのデータソリューション事業本部では、コロナ禍における車のニーズの変化と、ワクチン接種が進み雰囲気の変わりつつある中で起こっている潮流について、分析した。

 

ダッジが電動マッスルカーの発売を予告、それはどんなクルマになるのか? | TechCrunch Japan
「マッスルカー」という言葉は、常に譲歩の婉曲表現だった。お金をかけずに最大のパワーを手に入れたければ、PorscheやLotusのようなスポーツカーのことは忘れて、マッスルカーを買い、コーナーは少しゆっくりと曲がるようにすればいい。過去に多くのマッスルカーを世に送り出してきたDodgeは米国時間7月8日、電気自動車..

 

 

水に浮く車!? 全長3m未満の軽ナンバー車「フォムワン」 災害対応の切り札? 3.11が発端で開発(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 昨今では、軽自動車が爆発的に普及しており、幅広い世代から支持を得ています。    そんななか、あるベンチャー企業が水に浮くことのできる超小型電気自動車を開発しました。

 

ボルボのMHEV、XC60 B5の特徴はモーター駆動だけじゃない。数え切れないエンジンの改良点があった【ボルボのSUV特集】 - Webモーターマガジン
見た目はこれまでのXC60と大きく変わらない。しかし見えない部分では48Vマイルドハイブリッド(MHEV)システムの搭載など大きく進化している。その真価は乗るまでわからないが、乗るとよくわかるのである。(以下の記事は、Motor Magazine 2020年8月号より)

 

新興EVメーカー「リマック」が手がけた新型ハイパーカーの驚異的な実力と、見えてきた壮大なヴィジョン
電動ハイパーカーを手がける自動車メーカーのリマックが、このほど新モデル「Nevera」を発表した。周囲の景色が歪むほどの猛烈な加速を実現し、サーキット走行をガイドしてくれる人工知能(AI)などの高度な機能を備えたこの新モデル。多くを自前で開発したというテクノロジーからは、「すべての人のためにモビリティを変革する」という...

 

ホンダeアドバンス(前編) - webCG
漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回ステアリングを握るのは電気自動車「ホンダe」。シティーコミューターとして居住性や航続距離を割り切ったというホンダ初の量産型EVは、箱根のワインディングロードでいかなる走りをみせたのか。

 


https://news.yahoo.co.jp/articles/fccfec0e2f6bb31ecab8be669ae100486f4266c4

コメント

タイトルとURLをコピーしました