リチウムイオンバッテリー関連 2021/07/06まとめ

EV




 

EVとはちょっと違いますがリチウムイオンバッテリーという

ところでは同じなのでギズモードの記事を。

ざっくりなところ

メモリー効果はないので好きなタイミングで充電

・なので使い切らなくても良い

・夜ずっと充電しっぱなしでも大丈夫(らしい)

 

「スマートフォンを充電し続けるとバッテリーが劣化する」は迷信か?
ライフハッカー[日本版]2018年9月1日掲載の記事より転載「いつもそうしている」というだけの理由で間違ったことをする人たちが大嫌いです。たとえば...

 

ポルシェ、EVタイカンをリコール。電源が突然落ちるバグ(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース
このリコールは遠隔でのソフトウェアアップデートはできないらしいです。 ポルシェが電気自動車の「タイカン」4万3,000台のリコールを発表しました。原因は突然電源が落ちてしまうこと。世界中にいるタイ

 

“日韓”の次世代自動車バトル、じつは「トヨタが韓国勢に“ボロ勝ち”する」そのヤバすぎる最前線!(黄 旭翼) @moneygendai
電気自動車や水素自動車など次世代自動車をめぐって、いま日本や韓国の自動車メーカーがしのぎを削っている。そうした中、韓国では電気自動車などの「厳しい現実」が見えてきた。一方、日本ではトヨタなどを中心に次世代カーの開発が進んでいる。自動車「日韓バトル」の最前線を追うと、意外な現実が見えてきた。

 

「いまEVを買ってはいけない」ドイツのランキングが示す"不都合な真実" 現状は経済的・環境的メリットなし
ドイツの自動車メーカーはEV(電気自動車)の開発に熱心で、ここ数年の間に多くの新型車が発表されている。ドイツ政府もEVの普及に積極的で、4万ユーロ以下のEVに対して9000ユーロの補助金を出している。購入時の…

 

ハイブリッドで成長し、電気自動車で取り残される「日の丸電池」 - M&A Online - M&Aをもっと身近に。
本格的なEV時代を迎え、日本経済にとって新たな懸念材料が浮上してきた。EVの基幹部品となるリチウムイオン電池の動向だ。世界の車載電池市場を席巻した日本勢に急ブレーキがかかり、中韓勢に追い越されている。なぜ、こんなことになってしまったのか。

 

日産自動車が甲良町(滋賀県)と電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結。防災力強化と脱炭素化に向けて連携|ハッチバック|Motor-Fan[モーターファン]
7月5日、日産自動車および滋賀日産自動車は、甲良町(滋賀県)と電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結したことを発表した。

 




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました